長いしもやけどう防止しもやけの筋肉痛民間民間の処方

凍傷、みんなはすべて熟知して、みんなはすべて熟知して、しもやけがよく知らず知らず知らずに起きていた.局部の皮膚から、赤や紫に腫れ物があり,タッチの冷たい、かゆみや刺して、その後に水疱が出て、最後に皮に破れ、びらんやかさぶた.しもやけは根へは行けないように、しばしば再発し、年になる.専門家は指摘し、しもやけの鍵は予防、もっと早く早く良くなる.

には漢方薬が倉敷

に倉敷て<P>として、<

をびゃっきゅうじゅうグラム、ワセリンひゃくグラム、先にびゃっきゅう研細い末、更にワセリン加入びゃっきゅう粉に調成軟膏、毎日さん回外で塗り箇所、连用日じゅうを愈す.

羊脂

冬の気温は低いし、多くの人常会生しもやけ、手足の腫れ,筋肉痛、かゆみ辛いとき、奇、既存法あなたに苦痛を解除:羊脂火焼き融、塗るしもやけか所、が少し痛み、この説明は薬効を塗って、堅持して一週間治.翌年ろく月で曾生しもやけで姜摩擦、以後は再生しもやけ.

Pはグリセリン

をして私は故郷にいる時、冬は凍傷と手足を凍傷て,後に簡単な方法を試みて、効果はまだ悪くあります.毎晩寝る前に温开水泡さんでご分まで凍傷にのせ、を塗るグリセリン、往復しておいてください2、3分くらい眠る凍傷位置に、水で洗い流して、4回連続使用効果がある.

赤唐辛子

紅唐辛子<P>

で干した赤い唐辛子沸の水に浸して、少し冷やし凍傷の手や足を水に浸して、水は冷たい後まで出して、それを水に浸しての赤唐辛子を取ってきて貼っ凍傷のところ布袋いい(最高の夜寝がけにして第二日早く、取り外して、2回で治.重い患者であれば、何日も続く.

唐辛子は凍傷に住んで、しばらくはとても苦しくて、あなたは第2日朝まで続けて効果があることを堅持します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です