酒酔いを覚ますの筋肉痛いい方法はどれらがありますか?

酒に酔っては酒に酔って、医学上酔いを急性アルコール中毒(acute alcoholic intoxication)は、一度に過剰なアルコールやお酒飲む飲料を引き起こすの中枢の神経係に転じ、興奮を抑えた状態で、表現は一連の中枢神経係統の症状は、肝臓、腎臓、胃、脾、心臓などの人体の重要な臓器傷つけることをもたらして、深刻なが死亡し、ほとんどの成人の緻死量は純粋アルコール250~500 ml.酔いが時、または必要はアルコールにしたら、以下の方法を素早く酒酔いや予防.(いち)生の梨ナシを食べてあるいはナシの汁で酒飲服.(酒酒を飲む時に)豆腐は豆腐料理を作おつまみ類.豆腐の中の半分は、アセトアルデヒド毒、食後は迅速に排出させることができるという.酔いを醒ます茶(さん)と酒酔いを醒ます茶飲酒頭痛、めまいや体調不良などの症状は良い効果.キャンディの酒(よんしよ)河北省生産一種の酒お菓子、酒に酔って食べに何つのいい酒.(ご)酸そう葛花根酒各10 – 15グラム、葛花根酸そう、一緒に煎じ、優れた和らぎ、清涼,筋肉痛、利尿作用.(ろく)緑豆、小豆,黒豆酒さん種豆各ごじゅうグラムに加え、甘草じゅうごグラム、ゆでて、豆、スープと一緒に服の下には、酒を軽減する、アルコール中毒.(ななしち)生卵白、新鮮な牛乳、クリーム杮餅を焼いて酒三者スープ服、消渇,熱を下げて、解酔う.(はち)葛花酒葛花じゅうグラム、水を煎じ、酒酔いを覚ます効果がたいへんよい.(きゅう、く)糖茶加水分解酒糖血中アルコール濃度茶を薄めること、そして速める排泄.(じゅう)セロリ酒セロリ込んで汁服に酔って、頭痛、脳膨張と顔面潮紅.リョクトウリョクトウ適量(じゅういち)と酒、水で洗う捣烂温开で、お湯冲服やスープを作って服.(じゅうに)甘庶酒サトウキビいち根、皮に行って、汁を搾って服用可解酒.(じゅうさん)食塩と酒の過度の飲酒、胸膜つらい.お湯はリガで少々食塩、飲め、すぐに酔い覚めができる.(じゅうよん)檬樹皮酒をあぶって乾かす柑橘類の皮、研の末、食塩を1 . 5グラム、スープを作って服.(じゅうご)大根酒大根いちキロ、泥搗いて汁を取って、2回に分けて服.白大根汁内には赤砂糖を加えて飲む適量に飲むことができます.生大根も生大根.(じゅうろく酒)オレンジオレンジ(鮮橘も)3 – 5個の汁を搾って、飲んで従って、服や食.(じゅうななじゅうしち)オリーブ(靑果)酒オリーブじゅう枚を取って、肉を煎じて飲む.(じゅうはち)サツマイモの酒はサツマイモのミンチに加え、白砂糖適量攪拌服.(じゅうく)鮮レンコン酒鮮レンコンをきれいに洗って、搗いてレンコン泥、汁を取って飲服.は泥酔者なら、上述の方法でないまま回転させると目が覚めて、きれいに羽を一本使用そっと摩擦その喉や手でつまむその喉させ、吐き出す殘留胃に酒液、酔って状緩和、効果はないなら、医者に診てなければならない.