筋肉痛悲しみとしようがない

この世界はとても複雑で、誰がまた誰の悲しみと無力を見えることができます.

私は否定することはできません,筋肉痛、私はすでにこの社会に疲れました.

になって、多くの感傷やしようがない、それは心に秘めている.

pは多すぎる、偽り、仮相、汚い、すべて私の目の前でかすめる.

私は私の気持ちに属している、ただ一つだけ慰めて欲しい.

私は本当に退屈な人を恐れている.君を中傷する.p/p私はただ利口で、静かにしたいです.来て安定して.でも、神様は私を贔屓ない.

そんなにたくさんの人の言葉を聞いて、窒息しそうになった.

自分の生活の中で、何も求めていないで.

pは誰が本当に理解していただけるのでしょうか?

こんな大きな一世界にはちっぽけな人間しかできない人間だからな.

pは安寧なのだという.

私の気持ちは極点になって、私は更に人と争って何も考えたくなくて、

私は疲れて,どうしてすべて私を収容して、どうして私はいつも人に置き去りにされますか?私は間違って何か間違ってますか?

私はもう努力して、私はどのように私はどのようにしていますか?とっくに予言して,負けたのは結局私.