筋肉痛の治し方

ダイエットやストレス解消を兼ねたエクササイズ。心地よい汗をかけば、気分は爽快です。でも、そのあとに襲ってくるのが筋肉痛。経験がありますよね?筋肉痛は、からだを鍛えた証拠ですから、決して悪いことではありません。むしろ、喜んでもいいくらいです。とはいっても、やっぱりあの痛み、できれば味わいた くありません。レビトラ筋肉痛になったときに、できるだけ早く癒やすために、即効性のある治し方を紹介しましょう。

軽めの運動をする
激しい運動の後ですから、筋肉は疲労していることが多いです。でもそのままにしておくと、さらに筋肉は固くなってしまいます。普段の生活でも乳酸は作られるのですが、その乳酸は血液によって体外に放出されます。しかし運動によって急激に作られた乳酸は血液が回収し放出しきれず血液中に残ってしまいます。

痛いところを冷やす
運動直後や傷みが激し場合に効果的です。アイシングと呼ばれています。患部を冷やすと、血流が抑制されて、痛みを伝える神経を麻痺させて痛みを緩和してくれるのです。また、媚薬血管を収縮させて筋肉の炎症を抑えるのに効果があります。アイシングは、1回あたり20分程度。1日に数回に分けて行うのがいいでしょう。運動から1、2日までがアイシングの目安といわれます。
マッサージは注意しよう
辛いかもしれないが、筋肉痛をケアするために湿布の使用は逆効果なのでやめておきます。冷湿布は痛みを軽減する代わりに、血管を収縮させて回復作用そのものも遅らせてしまいます。仕事があるときなど、どうしてもという場合以外には湿布の使用はやめたほうがいいです。

☟もっと知りたい情報