筋肉痛と年齢の関係

本来の筋肉痛とは、日常生活で健康を保つように配慮した生活をすることによって、病気にならないようにすることです(これを,次予防といいます)。検診は、当然のことながら、こうした一次予防を行な うものではありません。まだ他状は出ていなくても、隠された病気はないかと調べるものです。自覚症状がない早期のうちから筋肉痛の布無を調べ、適切な治療をほどこす役に立てるという意味で、これを最近は二次予防ともいっていますが、本来の意味での予防ではないのです。いってみれば病気調査というわ けで、いろいろな検査で調べて、もし検査数に異常が出てくれば、あなたにはこういう病気があります よ、と告げるものです。
たとえば、「あなたはお酒の飲みすぎで、肝臓がだいぶ弱っている。あなたは気がついていなかったよう ですが、このまま放っておくと、危険です。ですからそれ治療しましよう」というのが、成人病対策だったわけです。
ここに一つのデ—タがあります。一九九四年の厚生省「患者調査」によるもので、主要疾患の総患者数です。これによると、心臓病いち一六一万人、糖尿病ー五七万人、脳卒中ー四ニ万 人、気管支炎症いち〇七万人、ガン九一万人などとなっています。これらの数字は、医師にかかって判明した患者さんの数です。こうした病気にかかっていても、医師に行かない人もいますから、実際はこれより ずっと多いと思ってまちがいありません。|では、高血圧三四00万人、糖尿病五00万人、気支喘息五00万人などとなっています。

☟女性にオススメ情報

  • 紅蜘蛛の通販
  • レビトラは勃起を促進するのではなく、男性性機能の障害を改善し、正常の勃起を促し、自然の刺激で勃起するということです。