筋肉痛とは加齢が原因ではない!?

厚生省がいくら筋肉痛の検診にカを入れても、これほど膨大な数の患者さんがいるのです。その医療費たるや莫大なものになることは、すぐにおわかりいただけるでしよう。実際、国医療費負担は年々增えるいっぼうで、ついには国庫を圧迫するようになってきた、というのがです。
もう、いままでのように医療費はかけていられないというのが、レビトラ厚生省の正直なところではないでしようか。それではどうするか。
「考えてみれば、その筋肉痛になったのは、国や他人に責任があるわけではなく、あなたの酒を飲みすぎる 生活習慣が原因なのですから、あなた自身のなのです。ですから、自分自身で筋肉痛にならないように管埋してください。
今回、厚生省が成人病を生活習慣病と呼び方を変えたのも、そうした個人の自覚を期待しての方針— があったからだとすることもできるでしよう。するいっぼうの!医療費の負担にたえかねて、自分 のことはもっと自分でめんどうをみてほしい、と訴えているかのようにも思えます。結果的には、私がニ 張してきた「成人病は習慣病である」という場所づけになったのですが、その道筋は、いまから 振り返ってみると、ずいぶん遠回りをしたようです。
成人病は、発見したときにはすでに遅く、治すことができない病気です。そもそも、治らない筋肉痛が 成人病なのです。ですから、一度かかつてしまうと、せいぜい悪化するのをすこしくい止めるくらいのこ としか、現在の医療ではできません。

シアリスが36時間以上を持続することができて、勇猛のシアリスとも呼ばれています。