端午の筋肉痛節句は、異なる地域端午節の違い飲食文化を食べている

端午節は我が国の伝統的な祭りの一つで、その日の予定では、毎年旧暦の五月五日、端午の節句になるごとに、祭りの雰囲気も人々は民俗特徴の食べ物の愛顧特別、私の国では違う地域、端午の食文化もあるかもの違い.

河南、浙江一帯

では

毎年の端午、河南省、浙江一帯はニンニクを食べて卵の習慣は、にんにくを卵と一緒にゆでて、家族、朝食を食べ、その食べ方は避けること"五毒"、.

江西南昌

江西辺すべて端午はほとんど食べてお茶の卵、塩水卵など習慣で、ゆで卵,塩水卵もっと限っ卵のようなだけでなく、アヒルの卵、鹅蛋実はもできる.そして卵に朱塗りしたり、ネットの袋の家の子供を連れて、寓意は子供が一生無事で、地獄で地蔵に逢う.

pは、PとPのPとPがは,端午節には、桃、ナス、隠元豆などの食べ物が流行っています.また、苗栗地区の客家人もその伝統的な、彼らは端午の節句の日に食食べ参会茄子として、豆を食べて食べて老老.

P江南町

江南の端午はいつも雨が多くて、時には人々にもっと好き五黄土、俗称の五黄土というのは実はバター、タウナギ、キュウリ、雄黄酒としょっぱいアヒルの卵.端午節には、この食品は、暑さの魔よけ魔よけの効果を持っています.特に醸造酒を飲みながら、更に南部一帯の伝統の習わしに至っては、どうして醸造酒を飲みながらかもしれない、たぶんや民間の白い妻と許仙の物語にように、そうか、私たちも考証することができない.小さい時、私たちのおばあちゃんの後輩に追って走って私達に総会飲み雄、来年は怖くない蚊に刺さなどによると、近代的な栄養学発見が雄に含まれる一種のヒ素の成分が、この成分が猛毒のため、醸造酒を飲みながら、多くの若い人の習わしはここにもう流行した.でも、一体流行ました鶏冠は入浴して、顔を洗って、虫除けの効果があるという.

P揚州

から揚州の商店の節は、人々はもっと好き五紅,筋肉痛、端午の風習を五紅はと江南の五黄土に似ているところがあって、ただここの五紅とはヒユナ、ダック肉、海老、バター、田鰻など.端午節でこれを食べると魔よけ魔よけになっていたという伝説がある.

福建省晋江

福建の多くの地域で、特に晋江一帯が、流行は端午の節句の食べる煎堆の習慣.一人として遠くまで晋江の川妹子、私は煎堆はかなり風邪だと煎堆はまったく1種の苦しみを食べて、いわゆる煎堆これは小麦粉、サツマイモ粉あるいはその他の具構成の濃い焦げる状の炒め物.この煎堆食べるそう补天の役割は、たぶんあの時と立ち遅れた生産力の直接の関係を持っているでしょう.泉州晋江でへ、漳州一帯には、多くの地域にもその面の習慣を食べ、」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です