授乳中に何の筋肉痛授乳期にならない女性は慎重に薬を投薬して

p乳汁には脂肪分が血漿になり,脂溶性が高い薬物と分子量の少ない薬が、生物膜を浸透して乳汁に入り.哺乳期の女性は注意してほしいのどれらの薬ですか?次は私たち一起きてみましょう!

が薬物分子量が200D時、母乳中の薬物濃度に乳母の体内の血中濃度;授乳期の女性は服用している薬も受動拡散の方式を通じて母から血乳腺輸送まで)に薬を飲む量、乳母の大きさやコースの長さも直結母乳中の薬物濃度.

ペニシリン、アミノベンジルペニシリン、ソラジンなどからほとんど薬)に分泌されるが、低濃度、乳汁に排出の投与量を超えない日摂取1%投与量.そしてエリスロマイシン、クロロマイセチン,筋肉痛、スルファメトキサゾール、卡马西平、ジアゼパム、フェノバルビタールとイソニアジドなどの分子量が少ないためや脂溶性高い薬物、乳汁排出量が大きいから、新生児の体内の血中濃度に達する或いは接近母体の血中濃度.

既知哺乳期の禁止薬物との慎むを含むブロモクリプチン、コカインやイソニアジド、シクロホスファミドや環包素、麦角アミン、ダウノルビシン、アメソプテリン、丙硫氧嘧啶、テトラサイクリン類、アスピリン、フェノバルビタール、フェニトインナトリウム、ぶっかけブリタニア松やブロマイドなどなど、これらの薬に直接赤ちゃんの正常な生理機能に影響して、甚だしきに至って体内から赤ちゃん薬の不良反応.たとえ乳母の使用は吸入、膣座薬、点鼻剤やし剤、外用軟膏やクリーム剤、薬のために入る可能性もある吸収体循環によって乳の分泌.

調べでは、丙磺舒の分子量285.4、セファレキシンの分子量365.4、まだ文献資料研究その乳の分泌の程度.乳汁分泌が発生する確かな証拠を提供していた.

は、哺乳期合理薬の原則は、適切な薬を選択し,乳汁排出量、相対的に安全な薬物を使用する.最も安全な方法は薬の服用期間中にしばらく授乳または少なく哺乳.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です