捻挫後は、捻挫捻挫の筋肉痛6大ステップを処理して処理する

p>捻挫<人々はいつもスポーツをする時が一番よく出現の一種類の負傷状況、通常、捻挫の情況が現れた後に、人々はもし適切な措置を取ると、その捻挫部位の事情も緩和されて次第に回復するため、次の本文を捻挫した後の処理措置を紹介.

p1 .休み<P>

どの部位を捻挫し、必ず休んで、腰を適時に臥平らな場所を避け、足の足を捻挫され、傷ついた後すぐに休みを促進することができて、急速に減少復元、痛み、出血やはれもの、怪我の悪化を防ぐため.

冷罨法

2 .冷罨法

P、冷罨法、冷罨法は早く、捻挫後の数分以内に行うため、冷罨法の作用は、血管収縮血管、捻挫部位の腫れを減らすことができるようにします.

は、ときには氷嚢がなく、最も簡単な方法は、水で濡れたタオルを捻挫した部位の部位,または直接に半盥の水を入れて、足を入れて.

冷罨法時間普通は半時間で、中間は1時間後に1時間後に第2回冷罨法を行う.

茹でる

3 .温茹でる

p>ない<診断骨折や関節転位次など捻挫した24時間後には温湿布,温湿布の仕方や冷罨法はたいして違わないで、温度とは正反対で、暖かい袋や熱いタオルを直接つけ捻挫部位.

も熱酢,筋肉痛、熱酒などを温湿布、血行をよくすることを放しだして、腫れ鎮痛.茹でるの時間も長すぎる、毎日2回、毎回二十分間でいいです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です