エコスピリン・体また筋肉の痛み止め薬

エコスピリンは、サリチル系(炎症・痛みに効果)の一種で鎮痛剤としての役割が大きいです。 抗炎症薬とも言われており、幅広く痛み・腫れ・炎症を和らげる効果もあります。 風邪症状にも効果があり、購入される方が増えています。

成分
エコスピリンの成分はアスピリンです。

アスピリンは示性式 C6H4(COOH)OCOCH3、分子量 180.16 の有機化合物である。代表的な消炎鎮痛剤のひとつで非ステロイド性抗炎症薬の代名詞とも言うべき医薬品です。消炎・解熱・鎮痛作用や抗血小板作用を持つ。サリチル酸を無水酢酸によりアセチル化して得られます。アスピリンは、関節炎、痛風、腎結石、尿路結石、片頭痛、さらに、小規模から中規模な手術後や、外傷、生理痛、歯痛、腰痛、筋肉痛、神経痛などの鎮痛目的で使用される。この他、抗血小板薬として使用する場合もあります。

効果
エコスピリンは、万能薬とも言われるほど様々な症状を抑えてくれる効果があります。風邪の初期症状や痛み・腫れだけでなく、生理前や月経による症状、リウマチ、頭痛、関節炎、歯痛、神経痛、打撲、筋肉痛、捻挫、腰痛、痛風の症状にも効果的です。 エコスピリンは、抗炎症薬”(消炎・鎮痛・解熱の作用)と言われる薬剤のことを指します。低用量のアスピリン剤のため、脳梗塞・心筋梗塞の治療や予防に使用されます。動脈硬化により脳梗塞・心筋梗塞といった病気になりやすいため、血液サラサラにするアスピリンを使用する事が多いです。低用量のため、副作用も少なく安心してご使用頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です