どれらの筋肉痛果物は冷蔵庫に入れて冷蔵庫の果物を入れてはいけない果物はどれらがあります

冷蔵庫の果物を入れないことはどれらがありますか?生活の中、私たちは食べきれないものを冷蔵庫に入れ、食べ物の新鮮さを保つことができると思う.実は果物は冷蔵庫の中に入れて保管してかえってよくない.次に理解してください!

果物は冷蔵庫に入れないで、

は果物が冷蔵庫

できません1、バナナは1、バナナですバナナは12℃以下のところに置くと、黒ずんが黒ずんとなり、冷蔵庫の冷蔵室にはゼロ度となります.少し買って帰って帰る時まだ未熟な熱帯果物、例えば色の靑のバナナなど,耐寒性は更に悪くて、だから冷蔵庫の中に入れないほうがいいです.そうでなければ、それらは正常に熟してはならず、腐っても食べられない.

2、トマト<P>

トマト経低温冷凍後、肉質は泡状が柔らかく、または破砕現象もあるが、表面黒斑を煮て、慣れていない,無美味、甚だしきに至っては酸败腐る.乾燥低温所に保管し、最大限度で風味を最大限度に保つことを提案します.

ドリアン

3、ドリアン

ドリアンはは性質を入れては、涼しい所に保存して、成熟した果実が裂けて、この時は果肉を取り出して、鮮度を保つ袋に入れた冷蔵庫で保存し、冷やして後はアイスクリームの口当り.果肉が饐えるばドリアンが変質し、食べ続けるべきではありません.

4、マンゴー

には4、マンゴー

マンゴーは熱帯フルーツ、乾性、最も恐れて低温ないほうがいいので、マンゴーを冷蔵庫に入れておいて、さもなくば果皮が黒くなったので、毎回マンゴーは買いすぎて、もし一度食べて、最高の購入時にいくつかの選択を少し靑マンゴー、それは20 – 25℃の条件の下で自然成熟.

p5、パパイヤ

パパイヤも冷蔵庫の果物を入れることができないので、カリンを水に限り、黒斑が現れて、冷蔵庫は吸水効果、しかし一旦冷蔵庫取り出す時、温度差をパパイヤ表面に現れて水分が新鮮でないフォグ.パパイヤの正しい保存方法は、先に新聞を新聞でパパイヤ,筋肉痛、日陰で保存して保存することを保存するべきです.こうパパイヤと長い時間保存が可能で、ずっと新鮮な状態を保証しています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です