筋肉痛の原因について

筋肉痛の原因は運動によって傷ついた筋線維を修復するときに起こる痛みです。筋肉痛のメカニズムは医学的にははっきりと解明されていません。かつては、運動したときに生じる疲労物質「乳酸」の蓄積が原因だとする説もありましたが、その矛盾点が指摘されていることから、現在は、運動によって傷ついた筋線維を修復しようとするときに起こる痛みであるという説が有力となっています。
普段使わない筋肉を突然使ったり、同じ筋肉を使いすぎたりすることで、筋肉を構成している線維や周りの結合組織に微細な傷がつきます。損傷した筋線維を修復するために白血球を中心とした血液成分が集まります。このとき「炎症」が起き、刺激物質「ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど」が生産され、筋膜「筋肉を包んでいる膜」を刺激します。それが感覚中枢を介し、痛みとして感じます。
つまり筋肉痛とは、傷ついた筋線維を修復する過程で炎症が起き、生成された刺激物質が筋膜を刺激して起こるものと考えられています。
なぜ、時間を置いて痛むのか、という質問を抱いている者はたくさんありますよね。筋線維そのものには痛みを感じる神経がありません。痛みは、炎症が広がって発痛物質が筋膜に届くようになってから感じるため、時間差があると考えられています。
普段からよく動かしている筋肉には、筋肉に血液を送る毛細血管がよく発達しています。一方、あまり使っていない筋肉には、毛細血管が十分に巡らされていません。そのため、急激にその筋肉を動かしても、損傷した筋線維に血液成分が集まるまで時間がかかり、さらに発痛物質が生産されるまで時間がかかるとも考えられています。日頃からよく筋肉を使っている人は、少々筋線維を痛めても修復がすぐに進む、筋肉痛が起こりにくいのかもしれません。
ちなみに、「歳をとると筋肉痛が遅く出る」と言われますが、これも定かではありません。同じ運動をした後の筋肉痛の出方に年齢による時間差は認められなかったとする調査報告もみられています。
筋肉痛の予防について
筋肉痛がひどい場合は数日で治らず、階段の上り下りにも苦労するなど、日常生活に支障をきたす人もいます。筋肉痛に悩まされることのないよう、日頃から運動の習慣をつけておきましょう。日頃から運動を行い、筋肉を発達させることがポイントからです。
筋肉痛を起こす大きな原因は、日頃の運動不足です。まずは、適度な運動で筋肉を動かすことを習慣にしておきたいものです。そのうえで、運動をするときには、ストレッチなどによる準備運動とクールダウンで、筋肉への負担を軽くするように心がけましょう。
毎週登山をしている人は、1年に1回しか登らない人より登山での筋肉痛になりにくいものです。使う筋肉が同じ部位で、運動間隔が短ければ、筋肉痛にはなりにくくなります。また、新たなスポーツなどをして普段使わない筋肉を使うと筋肉痛が起こることがありますが、日頃から運動習慣のある人は全身の血流状態がよいため、日頃運動していない人よりも軽くて済むようです。筋肉痛を予防するには、週に数回程度のウォーキングや簡単なストレッチからでもよいので、筋肉を動かす習慣を身につけておきましょう。
筋肉は使わなければ、どんどん筋線維が細くなってしまい、損傷を起こしやすくなります。しっかりとした筋線維を作るためには、運動とともに、疲労した筋肉を回復させる休養と、バランスのとれた栄養の摂取が大事です。たくさん運動をした日の食事は、筋肉を構成する原料となるたんぱく質、血行を改善するビタミンC、Eを多めに摂りましょう。
運動前にはウォーミングアップ、後にはクールダウンをしてください。筋肉痛の予防はもちろん、ケガの予防のためにも、運動の前後にはストレッチを行いましょう。運動直後は、急に止まったり休んだりすると、毛細血管への血流が悪くなり、筋肉痛が起こりやすくなります。運動後は軽いランニングやウォーキングなどでクールダウンしましょう。運動後に筋肉が熱をもっている場合には、冷やしておくことも大切です。

オススメ情報サイト

さらに驚くべきは持続時間。シアリス20mgでは約24時間、20mgではじつに約36時間もの間効果を持続させることができます。使い勝手のよさでは断然の存在といえるでしょう。このように、レビトラ、シアリスともに非常に優れた効果を持っているED治療薬です。知名度、信頼性ともにまだバイアグラが断然の存在となっていますが、これからED治療を検討している人はこれらのED治療薬にも目を向けてみるとよいのではないでしょうか。